会社概要

 はじめに

JX金属敦賀リサイクル株式会社は、JX金属グループの一員として、地球環境を大切にし、改善していくことが、企業の最重要課題であるという認識に立ち、資源のリサイクルと廃棄物の処理による事業活動を通じ、持続可能な社会(資源循環型社会)並びにより良い地域社会の実現に向けて貢献してまいります。

JX金属敦賀リサイクル株式会社

 会社概要

設立 平成7年(1995年)11月1日
営業開始 平成8年(1996年)6月1日
資本金 5,000万円
株主 JX金属株式会社
本社所在地 〒914-0027 福井県敦賀市若泉町1番地(MAP
TEL.0770-22-5566  FAX.0770-24-1109
代表者 代表取締役社長 波多野 和浩
敷地面積 17,000㎡(約5万坪)
主要事業 電子機器類のリサイクル、貴金属スクラップ等のリサイクル
非鉄金属リサイクル、産業廃棄物の中間処理(中和・破砕・選別)
設備概要
  • 中和処理設備一式 処理能力 49㎥/日
  • 廃電子機器解体選別設備一式 処理能力 10t/日
  • 貴金属処理設備 定置炉4基 処理能力 21.6t/日
    新定置炉2基 処理能力 14.4t/日
    キルン炉1基 処理能力 18.0t/日

 沿革

1953年 5月 硫酸工場完成(磁硫鉄鉱から硫酸の製造開始)
1957年 4月 三日市製錬㈱から亜鉛鉱石の焙焼を受託
1965年 2月 日本鉱業㈱と合併(日本鉱業㈱敦賀製錬所)
1985年 4月 日鉱亜鉛㈱として分離独立
1994年 11月 産業廃棄物並びに特別産業廃棄物処分業の許可取得
1995年 11月 亜鉛製錬休止 日鉱敦賀リサイクル㈱設立(資本金5,000万円)
1996年 6月 日鉱敦賀リサイクル㈱営業開始(産業廃棄物中間処理、貴金属リサイクル)
1997年 12月 リチウムイオン2次電池のリサイクル開始
1998年 9月 廃電子機器の解体リサイクル事業開始
2000年 11月 環境ISO14001の認証登録
2005年 9月 定置炉1基増設
2008年 3月 非鉄金属回収・廃液前処理設備設置
2008年 5月 キルン型貴金属スクラップ前処理炉設置
2010年 3月 OHSAS18001認証取得
2011年 4月 JX金属敦賀リサイクル(株)に商号変更
2011年 10月 浸出中和分離設備設置
2012年 4月 新定置炉2基設置
2014年 7月 浸出中和分離設備を増設
pagetop